病気について

アレルギー性鼻炎・花粉症

<スギ・ヒノキ花粉とPM2.5と黄砂によるトリプルパンチを乗り切るために>

近年、スギ花粉・ヒノキ花粉の飛散時期に、

PM2.5および黄砂の飛来が重なる日が観測されています。

特に2023年4月12日頃からの全国的な黄砂の飛来は社会問題となっています。

黄砂現象の健康への影響は懸念されており,

呼吸器系では小児喘息の増悪をはじめ,

PM2.5の上昇により、

小児の喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎の症状を増悪させる報告も出てきています。

このスギ・ヒノキ花粉とPM2.5と黄砂によるトリプルパンチをどう乗り切ればいいのでしょうか?

残念ながら、黄砂・PM2.5による気道症状悪化には、残念ながら対症療法しかありません。

そのため、患者自身が花粉飛散やPM2.5の濃度情報を収集し、回避していただくことが重要です。

その上で、合併する花粉症やアレルギー性鼻炎に対する薬物療法が重要となります。

5月の連休もすぐそこです。

どうか体調を崩されないようお過ごし下さい。

<参考:澤津橋基広先生。「花粉症と黄砂・PM2.5の飛来ー三重苦を乗り切るにはー」、耳鼻 65:190-195、2019>

この記事に関連する記事

カテゴリ 一覧

診療予約

診療アプリについて

当院では、患者様をお待たせする時間を出来るだけ短くするため、自動予約システムを導入しております。スマートフォン・パソコンに対応しておりますので、お気軽に予約をお取り頂けます。ぜひご利用ください。
※予約をされず直接ご来院の方は、その時の予約状況によりお待たせする可能性があります。
※難聴・耳鳴・補聴器、めまい、吃音・言葉の相談、初めてのダニ・スギ舌下免疫療法、飲み込みが悪い(嚥下障害)、初めてのいびき・睡眠時無呼吸・ナステントのご予約は直接当院受付にお電話下さい。

専門診療について

補聴器診療
耳鳴り診療
嚥下障害
吃音診療
小児聴力検査
機能性構音障害
instagram
facebook
ページトップへ